ふみにっき

本当は怠け者なのに日々働き者のふりをしている学生の日記です

ついに東京暮らしをやめる

随分とお久しぶりになってしまいました。

 

まえの記事を読み返すと、なかなかに沈んでいて、当時の自分を励ましてあげたくなります、、笑

 

いまはとっても元気ですよー

 

なぜなら時間があるからー

 

試験期間だけど、今期はとっても楽で、レポート2つと試験が3つだけ。 

 

レポートはもうどちらも出したし、試験はあと2つ残っていますが難しくはないものなので気が楽です。 勉強もいちおうしているし。

 

先月までのぎゅう詰めのスケジュールはなんだったのだろう。 なんで今こんなに暇なんだろう。笑

 

暇っていうのが久しぶりです。 いいですね、暇。

 

ぼーっとしながら珈琲淹れたり、本読んだり、散歩したり、こうして何か書いたり。

 

本当は、なにかいい言葉を思いついて、それをここに書こうと思ってPCを開いたのですが、もう忘れてしまったのでふつうにだらだら書いていきます。

 

 

あ、まず、タイトルの「東京暮らしをやめる」ですね、それについて話そう。

 

去年の秋に実家を出て、シェアハウス生活を始めました。

 

かれこれ10か月目? くらいなのか? 

まあさすがに慣れたし不満も感じなくなったし、むしろ快適っちゃ快適なのですが、色々あって、東京そのものに疲れてしまって。

 

それで、夏休みも始まるし、いったんシェアハウスを解約して完全に実家に帰ってしまおうと決めたんです。 

 

夏休みも東京に来る機会はサークルなりバイトなりでたくさんあるので、それはそれで疲れるだろうなとは思うのですが、家に帰ればごはんがあって、ギターが弾けて、あと家賃を払わなくていいのだから、楽だなあと。

 

新学期が始まったときにどうするかは、そのときまでに考えることにして、とりあえず家賃分の浮いたバイト代を旅行に費やそうかなーとか楽しく考えているところです。

 

 

東京について。

 

最初は楽しくて、でも段々、空気の淀んだ感じと、星や土の見えなさと、人の歩く速さとでしんどさを感じるようになって、一時期はほんとうに嫌いになりました。

 

でも住み続けているとそれなりに楽しくて、好みの喫茶店とか、大きい本屋とか、美味しいパン屋さんとかで満たされるようになって、歩いていける距離に何でもある東京がとっても便利に思えるように。

 

好きなお店にいつでも行けるというのは、やっぱり大きかったなあ。

 

地元には何もないし。 田舎だし。 田舎も好きなはずなのだけど、東京が好きなのとは全く違う次元で好きだから、なんか比べようもない。 

 

田舎と比べて田舎にあったものがないから東京を嫌いだと言っていたけれど、いつの間にかそんなことはどうでもよくなっていて、田舎にないものがたくさんあるという当たり前のところで東京を好きになりました。 ずいぶんと勝手なものです。

 

でも嫌いなものを好きになるというのは、けっこう気分がよくて、それはもちろん場所だけではなくて本とか映画とか、音楽とか、とくに人、人において、それが起こると気分が良いです。

 

けっこう人って簡単に変われるよなあ、と大学に入ってから思うことが多いのですが、それは環境が変わりすぎたための当たり前の変化で、別に簡単だったわけではないのかなあ、とか。

 

 

「人はいつでも、どんな風にも変われるもんなんだなあ。 ボヘミアン。」

 

 

・・・ってメモ帳に走り書きしていた自分。 はいはい。

 

 

 

うーんなんだっけな、何か書きたいことあったはずなのだけど、まったく思い出せませぬ。 なんでー

 

あ、好きな人の話とか。 いやでもこれ相当長くなるな。 次回にしよう。

 

こんな風にだらだらと書く時間があるなんて、ほんとうにしあわせ。

 

ここ数日で保坂和志さんの本を読んでいるのですが、「のんべんだらり」っていう表現が何回か出てくるんです。 それがとってもしっくりくる。

 

さてこれから、のんべんだらりと本を読もうーっと。

 

暇って美徳。 ではまた。