ふみにっき

本当は怠け者なのに日々働き者のふりをしている学生の日記です

8月というのは

いつの間に8月になっていました。 

 

は、はやい…光陰矢の如し。

 

8月と聞くと、あぁ夏本番だ、って思うのと同時に、私が思い浮かべるのは、

 

広島、長崎、終戦

 

この3つの響きです。

 

まだ70年なのか、もう70年なのか、平成10年生まれの私にはよく掴めない。

 

真実をこの目で見たわけではないけれど、だからこその重たさがあるし、恐ろしさがあるし、悔いと悲しみと怒りと、色々なものが想像のもと、押し寄せてくるのです。

 

毎年、8月がくる度に、何か戦争の本を買って読んだり、文章にしてみたり、テレビに張り付いて戦争関連の特集やドラマを見たりと。

 

毎年そうしながら、こんなので70年前が分かるわけない、私は知らないんだ、知らない世代で、むしろ核によって守られている世代なんだ、なんて、苦しい気持ちになったりします。

 

過ぎ去ったこととはいえ、忘れていいことではない。 それを痛いほど感じるからこそ、真実に近づけず向き合えない自分と、現代がいやになるのです。

 

そして、戦争は繰り返してはならないと言いながら、武力を肯定している社会を、私はどう生きればいいのか、というのも分からず。 

 

原爆だけが、核だけが悪いのではないでしょう。

 

そんなものを生み出す人間こそが悪いのだとは思いますが、そもそも武力で誰かを征服しようという考えが、一体なぜこんなにも当たり前で、今でもまかり通っているのか。

 

原爆を例に挙げずとも、拳銃一つ、刃一つでも誰かを殺めることはできるでしょう。

 

そんなものがあふれている社会で、どう現実の平和と、心の平和を保てばいいのでしょうか。

 

戦争というものが大きく取り上げられる時期だからこそ、戦争が無ければそれでいいのかな、原爆が落ちなければそれでいいのかな、平和だと言えるのかな、と考えます。

 

自分も含めて人間がみんないなくなれば、地球は自然に平和になるのにな、なんて思います。

 

どうして人間だけがこんなにも醜く見えるのでしょう、私だけでしょうか。 人間がいやになりませんか。

 

8月が来る度に、私はいやになるのです。 戦争が、ではなくて、この社会が、世界が、人間がいやになるのです。

 

いつか美しい解決法が生まれたりしないかな、全て吹き飛ばしてくれるような透き通った綺麗なものは、もうこの世にはないのかな。

 

 

これからどう生きればいいのか分からなくなるのが、私の8月です。

 

なんだか暗くてすみません。 でもこれが、19回目の8月を迎えて思うことのなのです。