ふみにっき

本当は怠け者なのに日々働き者のふりをしている学生の日記です

山に登らないキャンプ

登山しない、ただのキャンプというものを、本当に久しぶりにしました。

いつも、山に登るために前日にテントを張って、シュラフに包まって、早起きして…

という感じなので、ご飯が豪華で、朝もゆっくりなキャンプ、ただただ感動しました〜

 

面倒なので、写真を貼っていきます。

 

f:id:fmi5:20170522222912j:image

レンタルしたコールマンのテント!

キャンプ場を見渡すと、私が信奉するsnowpeakのテントをお持ちの方が多く、ただただ羨ましかった…

 

f:id:fmi5:20170522222936j:image

お米担当でした

 

f:id:fmi5:20170522222952j:image

焼き鳥も(刺すところまで)担当しました

 

f:id:fmi5:20170522223044j:image

朝はホットサンド! snowpeakマグと一緒に。

このマグでコーヒーを飲むのがまた美味いんだなあ

 

f:id:fmi5:20170522223119j:image

帰り際に、近くの牧場にてソフトクリームを!

やはり牧場なだけあって濃厚で美味〜

 

本当にいろいろと料理しました。

大人の方が気合い入れて準備してくださったので、慣れない包丁も頑張りました…!

日頃、全く料理をしないので大変でしたが、みんなでワイワイと作って、食べて、飲んで、本当に楽しかったのです。

 

登山のときに比べれば、かなり文明を感じるキャンプで少し違和感がありましたが、これはこれで快適でよかったです。

具体的にどう文明を感じたかというと、まず電気が使える、そしてトイレがどっぽんではなく水洗、さらにシャワーまであり、自販機も置いてある。 炊事場も整っていました。 もちろんお水もそのまま飲めるほど綺麗。

登山のときはキャンプ場というよりはテン場(テント場)に泊まるので、ここまでの所は新鮮でした。

お水は基本的に使えないものと思って、たくさん持っていきますし。

お風呂という概念も消え去ります。 電気もないので、ガスを持っていきます。

慣れればこれが楽しいんですよね。

せっかくアウトドアするのだから、より自然に近づきたい。 電波もないような所なら、もはや携帯を見なくていい。

いま目の前にあるものに、すごく集中できるんです。

夜は星を見ながら、昔のこと、はたまた将来のことを、スッとした頭で考えるのです。

 

良いですよ〜

キャンプ。

 

いつかソロキャンプしたいなあと思っています。

疲れたら、自然の中へ!